NY株見通し-上値の重い展開か 経済指標は9月ADP民間部門雇用者数
印刷
 今晩のNY市場は上値の重い展開か。昨日は民主・共和両大統領候補の第1回テレビ討論会を控え様子見姿勢が強まるなか、コロナ感染度拡大への警戒感などから主要3指数がそろって4日ぶりに反落した。29日夜の大統領候補第1回テレビ討論会では民主党バイデン候補に大きな失点がなく、CBSニュースの世論調査ではバイデン候補勝利が48、トランプ候補勝利が41と、増税政策を掲げるバイデン氏が優勢となった。時間外の米株価指数先物はアジア時間でそろって0.5%程度の下落となっており、今晩の取引でも上値の重い展開か。
 今晩の米経済指標は9月ADP民間部門雇用者数、4-6月期GDP確報値など。このほか、ボウマンFRB理事、カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、ブラード米セントルイス連銀総裁の講演も予定されている。企業決算は寄り前にカーニバルが発表予定。(執筆:9月30日、14:00)
関連ニュース
最新ニュース
ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ