ニューヨーク外国為替市場概況・2時 ユーロドル、頭打ち

印刷
 26日のニューヨーク外国為替市場で、ユーロドルは頭打ち。2時時点では1.2146ドルと24時時点(1.2159ドル)と比べて0.0013ドル程度のユーロ安水準だった。米株をにらみつつ振幅し、1.2176ドルまで上値を伸ばした後は下押し。一部通信社が関係者の話として「欧州中央銀行(ECB)はFRBとの政策の違いが為替レートに与える影響を調査する」と報じると、1.2140ドル近辺まで水準を下げた。米国経済の方が強いにもかかわらず、ドルが弱いことが疑問だとしている。

 ドル円は下げ渋り。2時時点では103.69円と24時時点(103.59円)と比べ10銭程度のドル高水準だった。米株がマイナスの動きとなるとリスク選好のドル売りが後退し、ドル円は一目均衡表基準線103.50円や22日安値103.49円のやや手前103.56円を下値に、103.71円前後まで戻した。

 ユーロ円は伸び悩み。2時時点では125.94円と24時時点(125.95円)と比べて1銭程度のユーロ安水準だった。米株の上昇先行局面でリスク選好のドル売りによりユーロドルが上昇すると連れ高となり、126.16円までじり高となった。米株が頭打ちとなると伸び悩み、ユーロドルの失速とともに125.89円前後まで下押した。ただ、ドル円の持ち直しによる円売りが下落圧力を緩和した。
 
本日これまでの参考レンジ
ドル円:103.56円 - 103.83円
ユーロドル:1.2108ドル - 1.2176ドル
ユーロ円:125.69円 - 126.16円

(関口)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ