週間為替展望(ドル/ユーロ)-パウエルFRB議長の議会証言に要注目

印刷
◆ドル円は、23日のパウエルFRB議長議会証言と26日のコロナ救済法案採決に要注目
◆2月消費者信頼感指数や1月景気先行指数、PCE価格指数にも要注目
◆ユーロドルは、独2月Ifo景況感指数に要注目
(為替情報部・山下政比呂)

予想レンジ
ドル円 103.00-107.00円
ユーロドル 1.1700-1.2200ドル

2月22日週の展望
 ドル円は上値が重い展開か。23日のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言では、バイデン政権の新型コロナウイルス救済法案への期待感から米10年債利回りが1.33%台まで上昇したことを牽制するかどうかが注目される。米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨では、景気回復には時間がかかる可能性があるものの、今後のインフレ上昇局面に備えて、どのように下地を整えるかFOMCで討議されたことが判明している。26日には、米上院で、新型コロナウイルス救済法案の採決が予定されており、財政調整措置により単独過半数で成立することが予想されている。しかし、今回の経済対策が財政赤字を今後10年間で540億ドル拡大させるとの見通しを議会予算局が示しており、「バード・ルール」違反の可能性があると指摘されている。共和党の反対姿勢もあり、審議が難航することも警戒される。
 ドル円は、3月の日銀金融政策決定会合での政策点検で、マイナス金利の深掘り余地があることを明確化する方向で調整される可能性が高まっており、円安気味に推移している。黒田日銀総裁は菅首相との会談で、「3月の政策点検は緩和長期化のため」と述べている。
 トランプ前政権が昨年末に承認した約9000億ドルの新型コロナ対策には、1月に低・中所得層を中心に1人当たり600ドルの現金給付を行うことが盛り込まれている。そのため消費支出が拡大しており、米2月消費者信頼感指数や1月景気先行指数では改善が見込まれている。FRBがインフレ指標として注視している1月個人消費支出(PCE)価格指数では、期待インフレ率であるブレーク・イーブン・インフレ率が2%台へ上昇する前の数字ではあるものの、要注目。
 ユーロドルは軟調推移か。欧州中央銀行(ECB)によるユーロ高抑制のためのマイナス金利深掘りの可能性が高まっていることで、ユーロは軟調推移が予想される。イタリア経済の立て直しが期待されたドラギ伊首相が、「イタリアは2022年末までにパンデミック前のレベルを取り戻すことはないだろう」と悲観的な見方を示したことも、ユーロの上値を抑える要因となっている。経済指標では、独2月Ifo景況感指数に要注目だが、ZEW景況感指数が改善していたことで、同様の改善が見込まれている。ユーロ円も、新型コロナウイルス感染拡大やロックダウンによる景気減速懸念から軟調推移か。

2月15日週の回顧
 ドル円は104.91円から106.22円まで上昇。バイデン政権の新型コロナウイルス救済法案への期待感から日米株価指数が上昇し、米10年債利回りが1.331%まで上昇したこと、3月の日銀金融政策決定会合での政策点検でマイナス金利の深掘り余地があることを明確化する方向で調整される可能性が高まっていることで上昇した。ユーロドルは、2月独ZEW景況感指数が71.2へ改善したことで1.2169ドルまで上昇したものの、ドラギ伊首相がイタリア経済に対する悲観的な見方を示したことで、1.2023ドルまで反落した。ユーロ円は、127.04円から128.46円まで上昇した。(了)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ