ドル円109.20円近辺、FRB議長の発言に反応薄

印刷
 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の「ワクチン接種や金融政策、財政政策で米景気見通しはより明るい」「回復の不均一は深刻な問題」などの発言が伝わっている。また、米景気回復はまだ不完全でFRBは目標に向けた具体的な進展を探していると述べた。
 同議長の発言に反応が鈍く、ドル円は109.20円近辺で小動き。一方、ユーロドルは1.1927ドルまで一段と上値を伸ばしている。

(金)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
FX攻略.com
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ