NYマーケットダイジェスト・10日 株高・金利低下・円高

印刷
(10日終値)
ドル・円相場:1ドル=109.33円(前営業日比▲0.30円)
ユーロ・円相場:1ユーロ=133.10円(▲0.43円)
ユーロ・ドル相場:1ユーロ=1.2170ドル(▲0.0010ドル)
ダウ工業株30種平均:34466.24ドル(△19.10ドル)
ナスダック総合株価指数:14020.33(△108.58)
10年物米国債利回り:1.43%(▲0.06%)
WTI原油先物7月限:1バレル=70.29ドル(△0.33ドル)
金先物8月限:1トロイオンス=1896.4ドル(△0.9ドル)

※△はプラス、▲はマイナスを表す。

(主な米経済指標)         <発表値>   <前回発表値>
5月米消費者物価指数(CPI)
前月比                 0.6%      0.8%
前年比                 5.0%      4.2%
エネルギーと食品を除くコア指数
前月比                 0.7%      0.9%
前年比                 3.8%      3.0%
前週分の米新規失業保険申請件数    37.6万件    38.5万件
5月米財政収支         1320億ドルの赤字  2256億ドルの赤字

※改は改定値、▲はマイナスを表す。

(各市場の動き)
・ドル円は3日ぶりに反落。5月米消費者物価指数(CPI)が予想を上回ったことが分かると円売り・ドル買いが先行し、22時30分過ぎに一時109.80円と日通し高値を付けたものの、一目均衡表転換線109.76円近辺がレジスタンスとして意識されると失速した。一時は1.53%台まで上昇した米10年債利回りが低下に転じ、1.43%台と約3カ月ぶりの低水準を付けたことも相場の重しとなり、5時30分前には109.31円と日通し安値を付けている。
 なお、米CPIの結果については「FRBがテーパリングを急ぐほどではないと受け止められた」「FRBは来週の米連邦公開市場委員会(FOMC)で考えを変えることはないだろう」との声が聞かれた。

・ユーロドルは小反落。予想を上回る米インフレ指標やラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁のタカ派的な発言を受けて売りと買いが交錯し、方向感に乏しい展開となった。22時前に一時1.2195ドルと日通し高値を付けたものの、すぐに失速し22時30分前には1.2144ドルと日通し安値を付けた。ただ、そのあとは再びユーロ買い・ドル売りが進み1.2190ドル付近まで持ち直した。
 なお、ECBはこの日開いた定例理事会で、パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模を市場予想通り現行水準に維持することを決定。また、景気判断を従来から強めた一方、「現時点で縮小すれば借り入れコストの上昇につながり、景気回復が頓挫する恐れがある」と指摘した。

・ユーロ円は3日ぶりに反落。22時前には133.76円と日通し高値を付けたものの、買い一巡後は徐々に上値を切り下げ、5時前には一時133.04円と本日安値を付けた。ドル円につれた動きとなった。

・米国株式市場でダウ工業株30種平均は4日ぶりに小反発。5月米CPIは予想を上回る結果となったが、「FRBがテーパリングを急ぐほどではない」と受け止められ買い安心感が広がった。指数は一時290ドル超上昇する場面があった。
 ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発し4月29日以来の高値で取引を終えた。多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数は過去最高値を更新した。

・米国債券相場で長期ゾーンは3日続伸。5月米CPIは予想を上回る結果となったが、「FRBがテーパリングを急ぐほどではない」と受け止められ債券買いにつながった。

・原油先物相場は反発。米新規失業保険申請件数は6週連続で減少し、米5月CPIは予想比強い結果となり、米景気回復への期待感を支えに買いが先行した。米政府がイランの石油当局者に対する制裁を解除した報道を受けて原油は一時急落する場面もあったが、米財務省が制裁解除の対象は元イラン高官3人と石油化学製品関連の2企業であると、核協議との関連性を否定したことで急速に買い戻しが入った。

・金先物相場は小幅続伸。売りが先行したものの、米5月CPIが予想を上回る結果となり、インフレヘッジ目的の買いが入った。


(中村)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ