株式明日の戦略―SQ通過後も上昇基調に変化なし、30400円台に乗せ年初来高値に接近

印刷
13日の日経平均は続伸。終値は65円高の30447円。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり1534/値下がり554。ルネサスが大幅高。トヨタが追加の減産を発表しており、車載向け半導体需要は旺盛な状況が続くとの期待から買いが入った。アドバンテストや東京エレクトロンなど半導体株も強い動き。新車不足で中古車の需要が高まるとの思惑から、ネクステージやアップルインターナショナルなどにも資金が向かった。9月の権利取りが意識される中、海運大手3社の中でまだ配当見通しを変更していない川崎汽船に期待買いが入った。新生銀行はTOB価格を終値では若干下回ったが、13%高と急騰。上方修正を発表した三井ハイテックがストップ高となった。

 一方、追加減産を発表したトヨタが下落。トヨタ紡織やデンソーなど系列部品メーカーが連れ安し、ホンダや日産自など同業にも売りが広がった。ただ、8月に見られたようなショック的な動きにはならなかった。半導体株には買われるものが多かったが、レーザーテックは軟調。モノタロウが月次を材料にやや大きめの下げとなった。業績を発表した銘柄に大きく値を崩したものが散見されており、ザッパラスやシルバーライフ、シャノンが急落。株主還元方針を見直し、増配と優待の廃止を発表したサムコは、優待廃止が嫌気されて大幅安となった。

 きょうは福証Qボード市場にGeolocation Technologyが新規上場。高い初値をつけたものの、終値は初値を下回った。

 日経平均は外部環境のフォローがない中で続伸。2営業日連続で高値引けとなった。マイナス圏での時間帯が大半を占めたが、売り崩すような動きはほとんど見られなかったため、引け間際にプラス転換したところでは、スルスルと上げ幅を広げた。先週メジャーSQを通過したが、きょうの値動きは上昇基調がまだ続くとの期待を大きく高めるものであった。2月に付けた終値ベースの年初来高値30467.75円まであとわずかとなっており、あすはこれを上回ることができるかや、すぐ上の心理的節目となる30500円を抵抗なく突破できるかが注目される。30500円を超えてくれば、次のターゲットは取引時間中の高値30714.52円となる。大きな調整を入れることなく一気に取引時間中の高値まで更新できるようであれば、そこから先は、下げづらく上げやすい相場環境がしばらく続く可能性が高い。

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ