ドル円 下押し余地を探る場合の支えは110.40円からの買いや110.35円OP

2021/09/27 12:47 通常市況
印刷
 ドル円は110.90-111.00円の厚い売りをこなせば、ストップロス買いが控えているものの、110.80円の本邦実需が背景とされる売りも手前にあって上昇しにくい。下押し余地を感じるが、110.40円から並ぶ買いが支えとなるほか、月末期限の110.35円オプション(OP)付近で下げ渋ることができるか。

(関口)

関連ニュース

最新ニュース

ニュース一覧を見る ≫
アクセスランキング
ご意見BOX ×
当ウェブサービスの問題点や提供してほしい情報など、トレーダーズウェブFXへのご意見・ご要望を、お気軽にお寄せください。
年齢 ※半角数字
性別 男性  女性
ご意見・ご要望 ※250文字以内
※ご意見BOXでは「ご質問」や「問い合わせ」には対応しておりません。御用のお客様は「お問い合わせ」フォームをご利用ください。
トップ