予想とまとめ

【NY為替予想】ISM製造業景気指数とパウエルFRB議長の講演に注目
2023/12/01 20:30
 本日のNY時間では注目経済指標の発表と、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を控えていることで、引き続き予断を許さない展開となりそうだ。

 経済指標では、11月の米製造業PMIの改定値、11月米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数、10月米建設支出などが発表される。PMIは改定値なことで、よほど速報値と乖離がない限り反応は限られるだろう。よって、最大の注目はISM製造業景気指数になるか。前回はヘッドラインや構成要素の雇用指数が予想を下回る一方、支払価格や新規注文は予想を上回る結果となった。ヘッドラインの数字だけではなく、構成内容を注意深く見て反応する必要がありそうだ。

 パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演は、ジョージア州のスペルマン大学で炉辺談話という形式で行われる。これまで前回の米連邦公開市場委員会(FOMC)以後は、米金利は低下傾向にあったが、昨日来年FOMCの投票権を持つデイリー米サンフランシスコ連銀総裁は「現時点では利下げについて全く考えていない」と発言するなど、過度の引き下げ期待を打ち消しそうとしている。もっとも、CMEグループがFF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」では、来年5月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では利下げ予想が80%弱となり、1カ月前の41%弱と比較すると依然として来年中旬の利下げ期待が高い。この流れをパウエルFRB議長がデイリー氏同様に止めに行くのか否かが注目される。
 なお、今週末からFRBはブラックアウト期間に入る。


・想定レンジ上限
 ドル円の上値目途は、昨日高値148.51円。その上は日足一目均衡表・基準線149.29円。

・想定レンジ下限
 ドル円の下値目途は、日足一目均衡表・雲下限147.62円。その下は昨日安値146.85円。

今日のイベントスケジュール

23日 (時間は日本時間)
国内
天皇誕生日で休場
海外
06:4510-12月期ニュージーランド(NZ)小売売上高(予想:前期比▲0.2%)
07:00クック米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
07:00カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、パネルディスカッションに参加
09:012月英消費者信頼感指数(Gfk調査、予想:▲18)
09:35ウォラーFRB理事、講演
14:001月シンガポール消費者物価指数(CPI、予想:前年比3.8%)
16:0010-12月期独国内総生産(GDP)改定値(季節調整済、予想:前期比▲0.3%/前年同期比▲0.2%)
16:0010-12月期独GDP改定値(季節調整前、予想:前年同期比▲0.4%)
17:00デコス・スペイン中銀総裁、講演
18:002月独Ifo企業景況感指数(予想:85.5)
18:20シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
19:00ナーゲル独連銀総裁、講演
ロシア(祖国防衛の日)、休場
※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

上値と下値の目安

ドル円 ドル円
2024/02/23 07:33
レジスタンス2 151.91(2023/11/13高値)
レジスタンス1 150.89(2/13高値)
前日終値 150.53
サポート1 150.08(日足一目均衡表・転換線)
サポート2 148.40(日足一目均衡表・基準線)
ユーロドル ユーロドル
2024/02/23 07:34
レジスタンス2 1.0956(日足一目均衡表・雲の上限)
レジスタンス1 1.0898(日足一目均衡表・雲の下限)
前日終値 1.0823
サポート1 1.0792(日足一目均衡表・転換線)
サポート2 1.0695(2/14安値)
株式会社DZHフィナンシャルリサーチより提供している情報(以下「情報」といいます。)は、 情報提供を目的とするものであり、特定通貨の売買や、投資判断ならびに外国為替証拠金取引その他金融商品の投資勧誘を目的としたものではありません。 投資に関する最終決定はあくまでお客様ご自身の判断と責任において行ってください。情報の内容につきましては、弊社が正確性、確実性を保証するものではありません。 また、予告なしに内容を変更することがありますのでご注意ください。 商用目的で情報の内容を第三者へ提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。 情報の内容によって生じた如何なる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。