イチオシ

弊社アナリストが勝手な思い込みや妄想も含めて相場への想いをつぶやいています。
Mr.Xからは、思わぬ市場の裏話や噂話が!
2024/05/18
ユーロ円は底堅い動きだった。ドル円の持ち直しやユーロドルの上昇につれた買いが入ると、3時過ぎに169.33円と本日高値を付けた。イエレン米財務長官の発言で為替介入への警戒が後退する中、引き続き円売りが出やすい面もあった。ユーロ円などクロス円の押し目買いが有効か。
2024/05/18 05:46
2024/05/18 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/05/18 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/18 00:00 ロンドンFix
2024/05/17
2024/05/17 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/17 22:30 ニューヨーク株式開始
週末とあってこの後の動きはあまり期待できそうにないが、ドル・メキシコペソは戻りが鈍い。昨日・一昨日と支えられている16.6500ペソ辺りを抜けてくれば勢いが出そうだが、いかんせん週末。あまり力まず気長に待つ。
2024/05/17 20:28
豪ドル/ドルは0.6655ドルに観測される本日NYカットのオプション(OP)による相場の引き下げ効果に注意したい。同OPは豪ドル・コール(買い権利)OPで、詳細な売買の内容にもよるが、相場の引き下げや、下押した水準からの反発を抑制する可能性がある。
2024/05/17 17:23
2024/05/17 16:00 ロンドン株式開始
 ユーロドルは1.1090ドルと1.0800ドルでショートだが、1.0900ドルで戻り売り。6月のECB理事会での利下げ開始観測が高まっており、米連邦公開市場委員会(FOMC)は9月利下げ開始観測により、反発局面では売りポジションを増やしていきたい。
2024/05/17 15:02
2024/05/17 15:00 東京OPカット
2024/05/17 15:00 東京株式終了
ドル/スイスフランは昨日下押すも日足一目均衡表の雲上限付近で切り返したほか、5日線も回復したので、現在レート(0.9072フラン)で買い。基準線(0.9106フラン)を超えると1日高値(0.9224フラン)が視野に入りそう。損切りは週足一目均衡表の転換線(0.9023フラン)。
2024/05/17 14:39
 トルコリラ円は昨日、4.75まで下押した後に切り返し4.80台を回復。他クロス円に比べて戻りは限られているが、スワップ狙いも含めてロングは維持。トルコ中銀の外貨準備高急増からも、金融正常化の効果が広がり、リラの水準切り上げに繋がることを期待したい。損切りは4.65割れ。
2024/05/17 14:30
クロス円は相変わらず動きが激しく手を出しづらい状態が続いている。試すならば豪ドル円・NZドル円を引きつけた上での押し目買いだが、今は豪ドル米ドルの売りが面白そう。このまま戻りが鈍いようならば軽くショートにしてみたい。
2024/05/17 13:16
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/05/17 09:55 東京仲値
 改めてドル円の下押しの調整が短時間で終わってしまうことを確認するような動きだった。仕方がないので155.51円で再び買いなおし、155.05円と154.55円でナンピンの買いも置いておく。昨日安値を割り込んだら一度やめる。
2024/05/17 09:45
ドル・メキシコペソは10日に16.70ペソ台まで下げた後は16.90ペソ付近まで大きく反発する場面もあったが、17ペソ回復にはならず再び16.60ペソ台まで下げるなど下方向への圧力がかなり高まってきた。次のターゲットは少し遠いが16.30ペソあたり。まだまだショートは継続したい。
2024/05/17 09:10
2024/05/17 09:00 東京株式開始
イエレン米財務長官の発言で為替介入への警戒が後退する中、全般円売りが出やすい地合いだった。ドル円はアジア時間に153.60円まで売られたものの、海外市場では買い戻しが優勢に。ユーロ円などクロス円も海外市場では堅調に推移した。ユーロ円などクロス円の押し目買いが有効か。
2024/05/17 06:12
2024/05/17 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/05/17 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/17 00:00 ロンドンFix
2024/05/16
2024/05/16 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/16 22:30 ニューヨーク株式開始
2024/05/16 16:00 ロンドン株式開始
ドル円、嫌な予感が的中。昨日の欧米市場での下落により、156.50円の買いは155.93円で損切り、152.60円の買いは155.28円でストップ成立(こちらは利確)だが、トータルで利益は残せた。トレード終了直後ということもあり、慌てずに151-2円台での買い場を探したい。
2024/05/16 15:11
 ユーロやポンドは対ドルで昨日も強含み、本日もユーロは3月以来の1.09ドル台に迫り、ポンドが一瞬1.27ドルに乗せた。ロングは継続だが、1.09ドル前半と1.27ドル前半まで上昇したところでは売り戻したい。損切りは1.0820ドル割れと1.2620ドル割れまで引き上げ。
2024/05/16 15:02
2024/05/16 15:00 東京株式終了
2024/05/16 15:00 東京OPカット
ユーロドルは1.1090ドルと1.0800ドルでショートだが、1.0950ドルで戻り売り。6月の欧州中央銀行(ECB)理事会での利下げ開始観測が高まっており、反発局面では売りポジションを増やしていきたい。
2024/05/16 14:44
豪ドル円は一昨日の高値を超えられなかったことで押し目買いを躊躇しているうち、本日アジア時間の急落に遭遇する格好となり、103.50円のロングは103.00円割れ水準に置いてあったストップについてしまった。値動きの荒さが目立っているので、新たにポジションは取らず様子見としたい。
2024/05/16 14:40
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
152.78→153.80→154.50→154.95→155.45円まで引き上げたストップがようやくついた。一応利食いではあるが、PPIが強かったのに上がらなかったのだから、その時点でやめるべきだった。GDPが-2%の国の通貨は売りたいが、トレンドがドル売りだから今は静観。
2024/05/16 11:30
2024/05/16 09:55 東京仲値
2024/05/16 09:00 東京株式開始
4月米CPIの鈍化や4月米小売売上高の下振れを受けて、米利下げ開始が先送りになるとの懸念が後退すると、米10年債利回りは4.3361%前後と4月10日以来の低水準を更新し、全般ドル売りが優勢となった。株高を背景にリスク・オンのドル売りも出やすく、ユーロドルの押し目買いが有効か。
2024/05/16 05:40
2024/05/16 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/05/16 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/16 00:00 ロンドンFix
2024/05/15
2024/05/15 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/15 22:30 ニューヨーク株式開始
昨日のピル英MPC委員による利下げの可能性への言及を受けたポンド売りは、検討開始はやや先の夏からとの部分が意識されて一服。ポンドドルは1.2600ドルに置かれたオプション(OP)を目先の支えに、しっかりした売りオーダーが乏しい上値を試す展開が期待できる。
2024/05/15 22:28
ドルメキシコペソは16.80ペソ割れもどんどん下値を掘るという動きにもなっていないのが残念。やはり根強いドル高期待というのが支えとなっているのだろうが、引き続き目線としては下方向。とりあえずは直近16.72ペソ割れを目指してほしい。
2024/05/15 21:51
2024/05/15 16:00 ロンドン株式開始
2024/05/15 15:00 東京株式終了
2024/05/15 15:00 東京OPカット
本日のドル円は、ここ数日と違い上値の重さが目立っており、どうも雲行きが怪しい感じ。コストの悪い156.50円のポジションは、基準線(155.93円)で損切り。万一21日線(155.28円)まで下押すようならば残り(152.60円の買い)もカットする予定。
2024/05/15 14:50
 ユーロドルは昨日1.08前半まで上昇し、200日線だけでなく、90日線も上回ってきた。昨日減らしたロングを買戻したいが、米CPIを控えおり現状維持。損切りは10日安値の下1.0755ドルに引き上げ。ポンドドルも1.26手前まで上昇。軽めロングの損切りは1.25ドル割れにおく。
2024/05/15 13:38
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
昨日の方針に則って豪ドル円を103.50円でロングに。昨日の4月米卸売物価指数(PPI)発表直後の下押し局面ではさすがに拾えなかったが、結果的に下値の堅さを確認できたことは好材料。本日は4月米消費者物価指数(CPI)の発表が控えており、今度は下押しがあれば拾ってみたい。
2024/05/15 12:16
2024/05/15 09:55 東京仲値
2024/05/15 09:00 東京株式開始
ユーロ円は7日続伸。イエレン米財務長官の発言で為替介入への警戒が後退する中、ユーロドルの上昇につれた買いが入ると169.36円まで上げた。そのあとも169円台前半での底堅い推移が続いた。米物価指標でドル相場は上下に動いたものの、円安地合いは変わらず。クロス円の押し目買いが有効か。
2024/05/15 05:43
2024/05/15 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/05/15 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/15 00:00 ロンドンFix
2024/05/14
2024/05/14 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/14 22:30 ニューヨーク株式開始
ポンド円は円売り地合いを後押しに上値を伸ばしてきたが、ピル英MPC委員の「景気抑制的な姿勢を維持しつつ、利下げは可能」との発言や、197円に控える売りオーダーが上昇を抑制しそう。195.80円割れから並ぶストップロス売りを巻き込んでの調整安に注意したい。
2024/05/14 22:10
2024/05/14 16:00 ロンドン株式開始
ドル円は昨日156円に乗せて終えたので、現在レート(156.50円)で少量買い増す。保有ポジ(152.60円)と合わせ、平均コストは154.55円に。ストップは21日線(155.27円)に変更。なお、ランド円の7.78円買いは8.50円で部分決済。残りは長期保有で様子見。
2024/05/14 15:24
2024/05/14 15:00 東京OPカット
2024/05/14 15:00 東京株式終了
 ポンドドルは1.3350ドルと1.2800ドルでショートだが1.2700ドルでも売り増す。ユーロドルは1.1090ドルと1.0800ドルでショート。介入期待でドル円を売り上っておりポンド円とユーロ円にする。日米財務相は160円をレッドラインとして合意しているらしく上値は限定的。
2024/05/14 14:03
 ユーロドルは昨日、3日高値の手前から失速。ロングは1.0790付近で半分に減らし、損切りは1.0720ドル割れ。200日線超えのポンドドルを1.2550台で軽く買い。英金利先安観は強まっているが底堅い。21日線の手前1.25ドルでも買い、9日安値の下1.2440ドル割れでやめる
2024/05/14 13:27
円売りの流れに沿って、豪ドル円もしくはNZドル円の押し目買いを狙うのが基本線。ただ、オセアニア通貨が対ドルでやや伸び悩んでいるのが気になるところ。本日は4月米卸売物価指数(PPI)の発表が控えていることもあり、指標結果をにらみながら柔軟に動きたい。
2024/05/14 12:58
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
152.78→153.80→154.50→154.95円まで上げたドル円のストップを155.45円まで引き上げる。これだけイエレン米財務長官に介入を嫌がられているのに、ドル売り介入をしたら驚いてしまう。そもそも円安要因は政府や財務省が招いたものだし。
2024/05/14 11:36
2024/05/14 09:55 東京仲値
2024/05/14 09:00 東京株式開始
2024/05/14 05:00 ニューヨーク株式終了
ドル円は米消費者のインフレ期待が上昇したことを受けて156.25円まで値を上げた。イエレン米財務長官がG7国による為替介入に改めて否定的な姿勢を示したことも相場の支援材料。2日高値156.28円が目先レジスタンスとして意識されており、この水準を上抜けることが出来るかどうかが焦点。
2024/05/14 04:36
2024/05/14 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/14 00:00 ロンドンFix
2024/05/13
2024/05/13 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/13 22:30 ニューヨーク株式開始
ポンド円はストップロス買い交じりの上値を試す動きとなったが、ここからは195.70円、196.00円に控える売りオーダーが重し。重さが嫌気されれば、しっかりした買いが現時点で見当たらない下値を探る動きを強めそうだ。
2024/05/13 21:56
2024/05/13 16:00 ロンドン株式開始
2024/05/13 15:00 東京株式終了
2024/05/13 15:00 東京OPカット
ドル円は足もとで156円を前に足踏みが続いているが、もし156円台に乗せて終わる場合は上値余地が広がると予想しているので、その時は買い増しも考えたい。それまでは様子見。なお、ストップは転換線(154.93円)でそのまま。
2024/05/13 13:40
 ユーロドルは1.0770ドル前後と、狭いレンジだった先週の流れを継続。ただECB利下げ確実にもかかわらず、下値は堅い印象。明日以降に上昇の転換線を支えに、軽めにロング。損切りは9日安値の下1.0720ドル割れ。200日や90日線を超えて3日高値を上抜けてくるとおもしろい。
2024/05/13 12:47
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/05/13 09:55 東京仲値
 ドル円を156.02円(4月29日160.17円-5月3日151.86円の半値戻し)の手前156.00円で売り。この攻防の分岐点は、15日発表の米4月CPIの数字次第で「半値戻しは全値戻し」の2つの意味、1)半値戻しで終了 2)全値戻し、の分岐点となる。
2024/05/13 09:12
2024/05/13 09:00 東京株式開始
2024/05/11
米利下げ観測が根強い中、ダウ平均は8日続伸した一方、ナスダックは反落。米金利は上昇した。また、米ミシガン大消費者態度指数は予想を下回った一方、期待インフレは予想を上回った。市場では「スタグフレーションへの懸念につながりうる内容だった」との声も。為替は大きな動きは見られなかった。
2024/05/11 05:42
2024/05/11 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/05/11 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/11 00:00 ロンドンFix
2024/05/10
2024/05/10 23:00 ニューヨークOPカット
 ドル・メキシコペソは16.80ペソのゾーンをブレイクして下方向に勢いがついてきた。要約4月から保持している平均価格(16.8275ペソ)のショートは利が乗ってきた。まだまだ下落余地はあると思うのでホールド。
2024/05/10 22:54
2024/05/10 22:30 ニューヨーク株式開始
 ドル円は156.02円(4月29日高値-5月3日安値の半値戻し)を前に上値が重い。週末に向けてリスク資産は減らしたい気持ちもあり、現在レート(155.74円)で決済(対象は153.30円買い)。152.60円の買いポジは、ストップを転換線(154.93円)に調整して様子見。
2024/05/10 21:08
ちょっと方向感に迷いがあるので、先ほどNZドル円のロング(92.60円)、豪ドル米ドルのショート(0.6570米ドル)はともにクローズした。本日は米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)などの指標もあるが、ポジションは取らずに様子見としておきたい。
2024/05/10 17:26
2024/05/10 16:00 ロンドン株式開始
ユーロドルは1.0755ドルに観測されるオプション(OP)が目先の支えとなり、1.0750ドルにも大きめなOPが控えており下支えとなりそう。売りとともにストップロスの買いも散見される1.08ドル前後のレンジに突入して上値を試す展開を想定する。
2024/05/10 15:35
2024/05/10 15:00 東京株式終了
2024/05/10 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
 ドル円は昨日155.95まで上昇後に失速。串刺しになるかと思った155.90前後の売りはなんとか生き残った。ただしあまり多くは望まず、155前半で買戻す。リラ円のロングはキープし、4.65割れで損切りは変わらず。5月でインフレがトップアウトするという中銀見通しを信じてみたい。
2024/05/10 10:24
2024/05/10 09:55 東京仲値
2024/05/10 09:00 東京株式開始
ドル円、160.17円~151.86円の下落幅の半値戻しである156.02円の手前156.00円で売り。本邦通貨当局が「半値戻しは全値戻し」をどう解釈するかに注目したい。ユーロドルは1.1090ドルと1.0800ドルでショートだが、1.0800ドルを1.0700ドルで手仕舞う。
2024/05/10 08:11
市場では「政府・日銀による為替介入への警戒感はあるものの、円先安観は揺らがず」との声が聞かれており、円安傾向は継続。ただ、ドルは低調な米労働指標を受けて軟調に推移した。ドル円は方向感がなくなりつつあるため、ユーロ円などクロス円の押し目買いなども有効そうだ。
2024/05/10 06:14
2024/05/10 05:00 ニューヨーク株式終了
今日は低調な米労働指標を受けてドル安が進んだため、ドル・メキシコペソは16.84ペソ台まで下落する場面があった。ひとまずの目標の16.80ペソまであとわずかだが、ここからがなかなか行かないのがここ最近の動きだ。何とかブレイクしてほしい。
2024/05/10 03:25
2024/05/10 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/10 00:00 ロンドンFix
2024/05/09
2024/05/09 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/09 22:30 ニューヨーク株式開始
NZドル円のロング(92.60円)、豪ドル米ドルのショート(0.6570米ドル)はともにキープ。ドル絡みは方向感がはっきりせず、しっかりと方向性を維持できているのは「円売り」ぐらい。ただ、その円売りについてもそろそろ介入警戒感が意識されるかもしれない。ここからは慎重に。
2024/05/09 21:16
ドル円、平均コスト152.95円の買いポジについて、損切りは8日安値のやや下154.45円に移動して流れについてゆく。なお、利確候補に転換線(156.02円)を挙げていたが、超えると上値余地が広がりそうなので一旦キャンセル。
2024/05/09 18:36
ドル円のロングのストップロスをどんどん上げていく。 152.78→153.80→154.50、そして今日は154.95円まで。コストが良いのでついたらついたで良しとする。
2024/05/09 18:03
2024/05/09 16:00 ロンドン株式開始
2024/05/09 15:00 東京株式終了
2024/05/09 15:00 東京OPカット
2024/05/09 09:55 東京仲値
2024/05/09 09:00 東京株式開始
 ユーロドルは1.1090ドルと1.0800ドルでショートだが、1.0800ドルのショートを1.0600ドルで手仕舞う。ポンドドルとユーロドルのショートは、ドル円のショートと絡めてユーロ円、ポンド円にして、本邦通貨当局のドル売り・円買い介入を待つ。
2024/05/09 06:58
ドル円は155.68円まで上昇したあとは155円台半ばでのもみ合いに終始した。市場では「政府・日銀による為替介入への警戒感はあるものの、円先安観は揺らがず」との声が聞かれており、引き続き152円をバックに押し目を拾っていきたいところ。
2024/05/09 05:49
2024/05/09 05:00 ニューヨーク株式終了
ドル・メキシコペソは16ペソ台で安定はしてきているものの、小康状態に入った感もあり動き出しを待っている状況。あれだけ先月動いたこともあって様子見になりがちだが、16.80ペソ割れでの動きを見極めたい。
2024/05/09 04:35
2024/05/09 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/09 00:00 ロンドンFix
2024/05/08
2024/05/08 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/08 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円買いポジ(平均152.95円)は、利確候補の転換線(156.02円)タッチする場合は部分決済に留める。万一4月29日高値160.17円を超えるようならば、3-5円レベルで下げたところは押し目で拾いつつ170円を視野に入れたい。損切りは昨日安値のやや下153.75円に変更。
2024/05/08 21:49
 ドル円は155円半ばで上昇一服。本邦当局の押し下げ介入は期待できないが、急ピッチで上げるようならば円安阻止に動いてくるのではないか?先週レンジの半値戻し156.02円の手前、155.90円前後で売り。先週レンジの下値からの61.8%戻し157円を10銭超えたら撤退。
2024/05/08 20:27
NZドル円のロング(92.60円)は現在もキープ。ドル円上昇の影響で底堅く推移しているが、対ドルでNZドルが下落し始めた影響もあり、難しい状況。NZドル円のロングは買い値付近にストップロスを置いて、このまま放置。新たに豪ドル米ドルを0.6570米ドル付近でショートにした。
2024/05/08 17:37
ドル円のロングを月曜は当日安値152.78円、昨日火曜も当日安値153.86円のすぐ下153.80円、本日はこれまでの日通し安値154.55円のすぐ下154.50円まで引き上げ。連日安値を更新していないが、そろそろ抜けるときもあるかもしれないが、抜けても利食いなので良しとする。
2024/05/08 16:29
2024/05/08 16:00 ロンドン株式開始
2024/05/08 15:00 東京株式終了
2024/05/08 15:00 東京OPカット
ユーロ円は、166.80円に置かれたオプション(OP)が目先の重し。しかし、同水準に売りとともに、超えたところで発動するストップロスの買いも溜まってきた。ストップ狙いの仕掛けで上抜ける可能性が高まってきたようにみえる。
2024/05/08 14:50
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/05/08 09:55 東京仲値
2024/05/08 09:00 東京株式開始
 ユーロドル1.1090ドルと1.0800ドルでショート、1.0800ドルのショートを1.0700ドルで手仕舞う。ポンドドル1.3350ドル、1.2700ドル、1.2600ドルでショート、1.2600ドルのショートを1.2500ドルで手仕舞う。残りのショートはクロス円ショートへ。
2024/05/08 06:42
ドル円は3日に151.86円まで売り込まれたあとはじりじりと下値を切り上げる展開が続いている。4月上旬まで「政府・日銀の防衛ライン」と見られていた152円が今後はサポートとして機能しているようだ。152円をバックに押し目を拾っていきたいところ。
2024/05/08 05:39
ドルメキシコペソは16ペソ台が安定してきているものの、やはり肝となる16.80ペソ辺りが異様に堅い印象がある。FRBによる過度な引き締め期待が後退している今のうちにブレイクすることを期待したい。
2024/05/08 05:24
2024/05/08 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/05/08 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/08 00:00 ロンドンFix
2024/05/07
2024/05/07 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/07 22:30 ニューヨーク株式開始
ドル円の平均コスト152.95円の買いポジ、損切りは6日NY市場での安値153.42円の下153.30円に変更。利確候補は転換線(156.02円)。ランド円は長期保有姿勢だが、7.78円の買いポジは13週線(8.05円)のやや下8.00円で損切り、8.50円で部分利確に変更。
2024/05/07 22:01
昨日からNZドル円の押し目買いを狙い、本日に92.60円付近でロングにした。その後も底堅く推移しているが、NZドルは対ドルの方で頭打ちの気配も見え始めており、ここからの上昇はドル円次第か。あまり自信を持てるような状況ではないため、買い値付近にストップロス注文を置いて様子見。
2024/05/07 20:39
昨日記載した153.38円のドル円はストップロスを上げたもののつかずにいる。これだけボラタイルに動いているので、ストップロスはつくときにはつくだろうから、ついても利食いにもなる153.80円まで引き上げた。
2024/05/07 17:34
2024/05/07 16:00 ロンドン株式開始
2024/05/07 15:00 東京OPカット
2024/05/07 15:00 東京株式終了
ドル円は重しから下支えの水準に転じた可能性があるオプション(OP)設定が観測される154.30円付近の動きを注視したい。伸び悩みからの下押しが同OP付近にとどまることが確認できれば、売りや主だったOP設定が観測される155円の節目までの上値余地を探る動きを強めそうだ。
2024/05/07 14:53
 リラ円は先週の下押し水準4.69から4.80手前まで持ち直した。相場の円売り戻しの流れに歩調を合わせ、先週の4月トルコCPIが予想より加速しなかったこと、S&Pのトルコ格上げなども支え。リラポジティブなレポートも出てきており、リラ円のロングはキープ。損切りを4.65円割れとする
2024/05/07 14:37
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/05/07 09:55 東京仲値
2024/05/07 09:00 東京株式開始
 ユーロドルは1.1090ドルと1.0800ドルでショートだが、1.0800ドルのショートを1.0700ドルで手仕舞う。ポンドドルは1.3350ドル、1.2700ドル、1.2600ドルでショートだが、1.2600ドルのショートを1.2500ドルで手仕舞う。
2024/05/07 05:56
イエレン米財務長官が4日に「介入はまれであるべきで、協議が行われることが期待される」と発言すると、「政府・日銀が断続的に介入を行うのは困難になったのでは」との観測が浮上し、週明け取引から円売りが出やすい地合いとなった。156.00円と157.70円のショートはいったん利食い。
2024/05/07 05:29
2024/05/07 05:00 ニューヨーク株式終了
2024/05/06
2024/05/06 23:00 ニューヨークOPカット
ドルメキシコペソはやはり肝となっているのは16.80ペソあたり。この水準をブレイクすれば下方向への再下落が期待できそうだ。ドル買いも勢いがなくなってきているほか、円買い介入期待も後退している今だからこそ障壁なく試せそうだ。
2024/05/06 22:31
2024/05/06 22:30 ニューヨーク株式開始
オセアニアのクロス円を押し目買い方針で。地合いは豪ドル円の方が良さそうだが、明日に豪準備銀行(RBA)の金融政策を控えていることから、イベント絡みで振らされるリスクを回避し、NZドル円の方で狙いたい。上手く拾えた場合は92.00円割れ水準にストップロスを置く予定。
2024/05/06 20:16
とりあえず雇用統計前の水準を抜けたところの153.38円で一回ドル円を買ってみたが、ボラタイル過ぎて自信がない。今日の安値を割り込んだら一度やめるつもりだが、状況により買った水準まで下がったら諦めるかも。
2024/05/06 18:54
ドル円は154.00円に到達したものの、本日NYカットの大きめなオプション(OP)が観測される同節目前後で動きが停滞した。154円台に定着するにしてもNY時間10時(日本時間23時)のOPカットオフタイム以降かもしれない。
2024/05/06 15:14
 ユーロドルは1.1090ドルと1.0800ドルでショートだが、1.0800ドルのショートを1.0700ドルで手仕舞う。ポンドドルは1.3350ドル、1.2700ドル、1.2600ドルでショートだが、1.2600ドルのショートを1.2500ドルで手仕舞う。
2024/05/06 07:08
2024/05/04
ドル円、152.60円の買い成立後も下押すも、ストップ水準151.80円手前で切り返し。昨日成立した153.30円の買いと合わせ、平均コストは152.95円になった。ストップ/利確候補ともに変えずに様子見。
2024/05/04 05:52
2024/05/04 05:00 ニューヨーク株式終了
ドル円は4月米雇用統計が予想より弱い内容だったことを受けて151.86円まで下げたが、4月米ISM仕入れ価格指数が予想を上回ったことを受けて153.07円付近まで下げ渋った。もっとも、今後も戻りは鈍いとみる。156.00円と157.70円のショートはしばらくキープする。
2024/05/04 04:13
2024/05/04 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/04 00:00 ロンドンFix
2024/05/03
2024/05/03 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/03 22:30 ニューヨーク株式開始
昨日は豪ドル円の戻り売りを狙ったものの、戻りらしい戻りがなかったため、結局参入できず。本日はすでに短期的な流れが変わってしまったようなので戻り売り方針では臨めない。週末ということもあって様子見とし、来週以降に改めて戦略を練りたい。
2024/05/03 21:55
ユーロ円は164.00円の買いオーダーが支えになった。163.80円から、163.60円までにも買いが並び始めた。米雇用統計次第の面はあるが、オーダー状況からすれば底堅く推移しそう。現時点でしっかりした売りオーダーが見えている165円半ばまでの戻り余地を探る展開が期待できる。
2024/05/03 16:06
2024/05/03 16:00 ロンドン株式開始
 ユーロドルは1.1090ドルでショート、1.0800ドルで売り増す。ポンドドルは1.3350ドルと1.2700ドルでショート、1.2600ドルで売り増す。米4月雇用統計が悪かった場合のドル売りを待つ。FRBは秋頃利下げ、BOEは夏頃、ECBは6月頃の利下げ開始が見込まれている。
2024/05/03 09:01
ドル円は値が重くなっている。ただし、介入が薄い時間にしかやらないのは効果を狙ってという理由だけではなく、ドル売りが出来るアマウント(介入玉)に限界があるため。今すぐにではなくても介入玉が枯渇してきた場合は、ファンドがドル買いを仕掛ける大きなリスクに警戒。ユーロドルのショートは継続
2024/05/03 08:54
昨日のドル円の買い157.40円は156.88円で損切り。エントリーポイントが悪かったと気を取り直す。直近の下げでも三角保合の上限は維持しており、小ロットで現在レート(153.30円)で買い、152.60円で買い下がり。損切りは151.80円、利確候補は転換線156.61円。
2024/05/03 05:42
2024/05/03 05:00 ニューヨーク株式終了
NY市場では政府・日銀による為替介入への警戒が根強い中、全般円買いが優勢となった。ドル円は153.06円、ユーロ円は164.23円まで下落し、いずれも前日安値に迫った。介入が祝日や早朝に実施されたことで「当局は介入効果をより高めつつ機動性もアピールすることを狙った」ようだ。
2024/05/03 04:20
2024/05/03 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/03 00:00 ロンドンFix
2024/05/02
2024/05/02 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/02 22:30 ニューヨーク株式開始
豪ドル米ドルのショート(0.6525米ドル)は昨日のうちに同値付近に置いたストップがついた。明日に米雇用統計を控えてドル絡みはやりづらく、荒く上下を繰り返すクロス円も手を出しづらい局面ではある。勝負するのであれば豪ドル円の戻り売りだが、リスク管理はしっかりとしておきたいところ。
2024/05/02 20:52
2024/05/02 16:00 ロンドン株式開始
ドル円は155.25円にある本日NYカットのオプション(OP)前後へ下押している。同OPはドル・コール(買い権利)OPで、詳細な売買の内容にもよるが、相場押し下げや戻り抑制に寄与する可能性がある。カットオフのNY時間10時(日本時間23時)まで、同OP絡みの神経質な振幅となるか。
2024/05/02 15:32
2024/05/02 15:00 東京株式終了
2024/05/02 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
FOMC後はドル高に行くものだと思っていたが、市場があまりにもタカ派を予想していただけに期待を裏切られた形でドル売りとなったため、ドル・メキシコペソは再び17ペソを割り込んだ。ここからは16.80ペソあたりを中心とした堅いゾーンを抜けられるかどうか。跳ね返されれば下落はお預けか。
2024/05/02 11:32
 ユーロドルは1.1090ドルでショートだが、1.0800ドルで売り増す。ポンドドルは1.3350ドルと1.2700ドルでショートだが、1.2600ドルで売り増す。FOMCでは政策金利が据え置かれたが、BOEは夏以降、ECBは6月頃の利下げ開始が見込まれている。
2024/05/02 10:15
2024/05/02 09:55 東京仲値
2024/05/02 09:00 東京株式開始
ドル円はFOMCを受けて157.01円まで値を下げたあとは157円台半ばで下げ渋る展開だったが、5時以降は政府・日銀による為替介入と見られる円買いが優勢となり153.04円まで急落した。介入期待でショートした156.00円と157.70円の玉はもうしばらくキープする。
2024/05/02 06:34
2024/05/02 05:00 ニューヨーク株式終了
米FOMC後にドル売りが強まるも、声明や議長会見を見る限りそこまで売るのかと違和感を感じたので、ドル円は昨日の指値をキャンセルして157.40円で成行買い。損切りは転換線156.88円、利確候補は160円かそれ以上で。
2024/05/02 04:57
2024/05/02 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/02 00:00 ロンドンFix
2024/05/01
2024/05/01 23:00 ニューヨークOPカット
2024/05/01 22:30 ニューヨーク株式開始
 ユーロ豪ドルは1.65付近まで上昇後、1.64豪ドル半ばから後半で上下。昨日1.64超えで作ったロングは一先ずキープ。買い下がるのはやめて、損切りを昨日下げ渋った1.6380の下に置く。リラ円は4.80円台で牛歩だが底堅くもあり、4.69円割れに損切りを置いてロング継続。
2024/05/01 22:04
昨日は豪ドル米ドルの戻り売りを狙い、0.6525米ドル付近で軽くショートにした。今晩にはFOMCが控えているため、米ドル相場も大きく変動する可能性が高く、目先のリスクは高め。安全を取って前述のショートポジションは持ち値付近にストップロスを置き、そのまま様子見とするつもり。
2024/05/01 17:37
2024/05/01 16:00 ロンドン株式開始
 ユーロドルは1.1090ドルでショート、1.0800ドルで売り増す。ポンドドルは1.3350ドルと1.2700ドルでショート、1.2600ドルで売り増す。今夜のFOMCでは利下げ時期が年後半へ先延ばしされる可能性が高く、BOEは夏頃、ECBは6月頃の利下げ開始が見込まれている。
2024/05/01 15:33
ドル円は昨日、156.75円のオプション(OP)付近が底堅く157円台回復に寄与。現水準と比べればやや下値だが157.00円にもOPが置かれたため、ボトムが少しだが切り上がった感があり、底堅さを支援しそう。足もとの158円を前にした足踏みを克服して大台替えに向かうか注視したい。
2024/05/01 15:12
2024/05/01 15:00 東京株式終了
2024/05/01 15:00 東京OPカット
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/05/01 09:55 東京仲値
昨日のドル・メキシコペソは一時17ペソを下抜けるものの、月末のドル買いフローにより結局17.10ペソ台まで戻している。16ペソ台後半の底堅さを改めて見せつけられた格好だ。今日はFOMC、よほどのことがなければドル高になると思うため、今日の下サイドへのトライは期待薄だろう。
2024/05/01 09:39
2024/05/01 09:00 東京株式開始
ドル円、20日線も上向き維持なので、短期的視点ではあるが、やるなら転換線(156.88円)で買い、基準線(155.49円)で損切り、利益確定は160.00円かそれ以上か。ただし、ロットは少なめ、FOMCが近づいたら指値取消or保有ポジションは早めの片づけも視野に入れたい。
2024/05/01 05:55
2024/05/01 05:00 ニューヨーク株式終了
米雇用コスト指数の上振れをきっかけに全般ドル買いが優勢になると、ドル円は157.73円と日通し高値を更新した。月末のロンドン・フィキシングに絡んだドル買いのフローも観測された。157.70円でショートを追加。160円をバックに戻り売りを継続したい。
2024/05/01 04:03
2024/05/01 00:30 ロンドン株式終了
2024/05/01 00:00 ロンドンFix
2024/04/30
2024/04/30 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/30 22:30 ニューヨーク株式開始
 ユーロ豪ドルを1.64超えでロングに。昨日まで6日続落し、1.66台から1.63割れまで売り込まれたが、本日は弱い豪小売売上高をきっかけに反発。ユーロ圏GDPが予想より強かったこともあり、まだ上サイドに戻す余地はありそうだ。1.6360-70辺りでも買い、1.6280割れで諦め
2024/04/30 21:19
先週から保持していた豪ドル円のロング(99.90円)は103円台までストップロスを引き上げた後、例の急落に引っかかってストップアウト。円絡みは介入警戒感、ドル絡みはFOMCを控えている関係でどちらもやりづらいが、短期的には豪ドル米ドルの戻り売りが面白そう。
2024/04/30 19:19
2024/04/30 16:00 ロンドン株式開始
ドル円は156.75円にあるオプション(OP)付近が底堅い。同OP前後の支えを支援に、しっかりした売りオーダーが乏しい157円台で戻りを試す展開が期待できる。伸び悩んでいったん大きめな下振れが入っても、156.05円にあるOPが支えとなり、相場の崩れ回避に寄与するとみる。
2024/04/30 15:43
2024/04/30 15:00 東京OPカット
2024/04/30 15:00 東京株式終了
 ユーロドルは1.1090ドルでショートだが、1.0800ドルで売り増す。ポンドドルは1.3350ドルと1.2700ドルでショートだが、1.2600ドルで売り増す。BOEとECBの利下げ開始がFRBに先行するとの見立て。持ち値がいいショートはドル円のショートとクロス円で保持。
2024/04/30 14:37
市場参加者の目が円相場に向かっていることでドル高へのブレーキになっている感がある。ドル・ペソも17ペソ台半ばを戻り高値に再び17ペソを割りそうな展開になってきた。今のうちにといったら他力本願だが、16ペソ台後半をブレイクしてくれば下方向への期待感が増しそうだ。
2024/04/30 14:21
会員ログインするとこの投稿が閲覧できます。
会員の方はログイン
2024/04/30 09:55 東京仲値
2024/04/30 09:00 東京株式開始
昨日はアジア時間に出勤していたので、何とかドル円の買いオーダーをキャンセルできた。ドル円のビューをしてはドル買いは変わらないが、さすがにすぐに円安を放置するとは思えないので、今週来週はとりあえずドル円のロングはしない。よってユーロドルのショート以外はスクエアに。
2024/04/30 08:21
ドル円の152.80円の買いポジについて、前週26日終了時点で転換線が156.02円に上がって来たので、ストップは移動。とはいえ、さすがに6円弱の乱高下はカバーしきれず、ストップが成立。今週のFOMCも気になるが、市場が落ち着いたら買い場を探したい。
2024/04/30 05:39
2024/04/30 05:00 ニューヨーク株式終了
ドル円は160.17円と1990年4月以来34年ぶりの高値を付けたものの、夕刻には154.54円まで急落した。市場では「政府・日銀が急激な円安を阻止するため、為替介入に踏み切った」との観測が浮上している。160円がレジスタンスとして機能することを期待して156.00円でショート。
2024/04/30 04:18
2024/04/30 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/30 00:00 ロンドンFix
2024/04/29
2024/04/29 23:00 ニューヨークOPカット
2024/04/29 22:30 ニューヨーク株式開始
 ドル円は為替介入とみられる売りで154.54円まで急落後、156円半ばまで反発。介入なしでは下値の維持は難しそうだが、本日レンジの半値157.36円辺りは一回売っても良いのでは?ただ損切りは今日の高値160.17円の上と遠いので、サイズは小さめで。
2024/04/29 21:55
2024/04/29 16:00 ロンドン株式開始
とうとう介入がきて円相場は大変なことになっているが、私のドル・メキシコペソには全く影響せず。17ペソミドルが相当のレジスタンスとして意識されており、上抜けたらお手上げだが、それまでは再下落のチャンスはまだ残されている。
2024/04/29 14:20
ドル円は介入が入ろうがどこで買うかが焦点ということは変わらない。とりあえず先週の東京時間(広義では17時までを東京時間とする金融機関が多い)高値となる156.82円に買いオーダーを置いている。
2024/04/29 09:26
2024/04/27
2024/04/27 05:00 ニューヨーク株式終了
円絡みの取引は政府・日銀による為替介入が警戒されるため、しばらくはトレードせずに、ドルストレートを取引したい。特にユーロドルは欧米の金利差拡大への思惑からユーロ売り・ドル買いが出やすい。本日も1.0674ドルまで値を下げており、戻りを丁寧に売っていきたいところ。
2024/04/27 04:21
豪ドル円は99.90円のロングをキープ。ドル円の介入警戒感が高まっていることで、豪ドル円も本日の欧州時間にあったような一時的な急落リスクを抱えているが、それでも来週にFOMCを控える関係上、目先はドル絡みの取引を避けてクロス円で勝負したい。
2024/04/27 02:29
2024/04/27 00:30 ロンドン株式終了
2024/04/27 00:00 ロンドンFix
株式会社DZHフィナンシャルリサーチより提供している情報(以下「情報」といいます。)は、 情報提供を目的とするものであり、特定通貨の売買や、投資判断ならびに外国為替証拠金取引その他金融商品の投資勧誘を目的としたものではありません。 投資に関する最終決定はあくまでお客様ご自身の判断と責任において行ってください。情報の内容につきましては、弊社が正確性、確実性を保証するものではありません。 また、予告なしに内容を変更することがありますのでご注意ください。 商用目的で情報の内容を第三者へ提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。 情報の内容によって生じた如何なる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。