予想とまとめ

【ドル円、ユーロドル】日米欧のインフレ指標に注目
2024/02/23 03:58
◆ドル円、米1月PCE総合価格指数と日本の1月CPIに注目
◆本邦通貨当局のドル売り・円買い介入の可能性に警戒
◆ユーロドル、ユーロ圏の2月HICPに注目

予想レンジ
ドル円   148.00-152.00円
ユーロドル 1.0600-1.1000ドル

2月26日週の展望
 ドル円は、日本と米国の1月のインフレ率を見極めることで、日本銀行と米連邦準備理事会(FRB)の金融政策変更の時期を探る展開となる。FRBがインフレ指標として注視している1月のPCE総合価格指数は、前月比0.3%と予想されており、昨年12月の0.2%から伸び率の上昇が見込まれている。

先週発表された、米1月CPIは前年比3.1%、前月比0.3%、コアCPIは前年比3.9%、前月比0.4%と予想を上回る数字だった。パウエルFRB議長が注視しているスーパーコア(※住居費を除くサービス業の価格動向)も前月比0.85%と上昇。さらに、米1月PPIでは、PCEに関連しているポートフォリオ管理と投資アドバイスの指数が上昇していた。1月PCE総合価格指数も、CPIやPPIと同様に伸び率の上昇が予想されており、予想通りならば、FOMCでの利下げ開始時期が先送りされる可能性が高まることになりそうだ。

 日本では、1月全国コアCPIの先行指標となる1月東京都区部のコアCPIは前年比1.6%と3カ月連続で鈍化し、日銀の物価目標の2%を割り込んだ。1月の全国コアCPIが同様の傾向を示した場合、4月の日銀金融政策決定会合でのマイナス金利解除観測が先送りされる可能性が高まり、円売り要因となる。

 現状のドル円は、先週も指摘したように、中期的な「ダブル・トップ(151.95円・151.91円)」に続く3度目の151円台を窺うドル高・円安トレンドを形成している。2022年高値151.95円を付けた後は、本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入により、127円台まで反落した。昨年高値の151.91円の後は、植田日銀総裁のチャレンジング発言により、140円台まで反落した。政府としては、今年の春闘で昨年を上回る賃上げを実現して、6月の定額減税とあわせて実質賃金をプラスにして消費を活性化させることが狙い。円安による輸入物価の再上昇は阻止したいはずである。ドル円が151円台に乗せた場合は、本邦通貨当局によるドル売り・円買い介入に警戒しておきたい。

 ユーロドルは、2月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)でECBの利下げ開始時期を探る展開となる。インフレ率の鈍化傾向が確認された場合は、4月ECB理事会での利下げ開始観測が高まり、下げ止まっていた場合は、6月理事会以降に先送りされる可能性が高まることになる。

2月19日週の回顧
 ドル円は、150.44円から149.69円まで反落後、米10年債利回りが4.32%台まで上昇したことで再び150.40円台まで反発した。ユーロドルは欧州債利回りの上昇につれて、1.0762ドルから1.0839ドルまで戻りを試す動き。ユーロ円は161.48円から162.90円付近まで上昇している。(了)

国内イベントスケジュール

2024/02/19 06:15
19日
08:5012月機械受注
21日
08:501月貿易統計(通関ベース)
22日
08:50対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
23日
天皇誕生日で休場
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。

海外イベントスケジュール

2024/02/19 06:30
19日
16:001月スウェーデン消費者物価指数(CPI)
22:301月カナダ鉱工業製品価格
22:301月カナダ原料価格指数
米国(プレジデンツデー)、カナダ(ファミリーデー)、休場
20日
09:302月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
18:0012月ユーロ圏経常収支(季節調整済)
18:3010-12月期南アフリカ失業率
19:0012月ユーロ圏建設支出
22:301月カナダCPI
24:001月米景気先行指標総合指数
21日
06:4510-12月期ニュージーランド(NZ)卸売物価指数(PPI)
09:3010-12月期豪賃金指数
17:001月南アフリカCPI
21:00MBA住宅ローン申請指数
22:00ボスティック米アトランタ連銀総裁、あいさつ
23:00ディングラ英中銀金融政策委員会(MPC)委員、講演
24:001月ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値)
22日
04:00米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(1月30-31日分)
06:451月NZ貿易収支
15:30グリーン英中銀MPC委員、講演
16:452月仏企業景況感指数
17:152月仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値
17:152月仏サービス部門PMI速報値
17:302月独製造業PMI速報値
17:302月独サービス部門PMI速報値
17:301月香港CPI
18:002月ユーロ圏製造業PMI速報値
18:002月ユーロ圏サービス部門PMI速報値
18:302月英製造業PMI速報値
18:302月英サービス部門PMI速報値
19:001月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値
19:001月ユーロ圏HICPコア改定値
20:00トルコ中銀、政策金利発表
21:0010-12月期メキシコ国内総生産(GDP)確定値
21:30欧州中央銀行(ECB)理事会議事要旨(1月25日分)
22:3012月カナダ小売売上高
22:30前週分の米新規失業保険申請件数/失業保険継続受給者数
23:452月米製造業PMI速報値
23:452月米サービス部門PMI速報値
23:452月米総合PMI速報値
24:001月米中古住宅販売件数
24:00ジェファーソン米連邦準備理事会(FRB)副議長、質疑応答
23日
01:00EIA週間在庫統計
04:00ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
06:4510-12月期NZ小売売上高
07:00クックFRB理事、講演
07:00カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、パネルディスカッションに参加
09:012月英消費者信頼感指数(Gfk調査)
14:001月シンガポールCPI
16:0010-12月期独GDP改定値
18:002月独Ifo企業景況感指数
18:20シュナーベルECB専務理事、講演
19:00ナーゲル独連銀総裁、講演
ロシア(祖国防衛の日)、休場
※重要度、高は☆、中は◎、低◇とする。
株式会社DZHフィナンシャルリサーチより提供している情報(以下「情報」といいます。)は、 情報提供を目的とするものであり、特定通貨の売買や、投資判断ならびに外国為替証拠金取引その他金融商品の投資勧誘を目的としたものではありません。 投資に関する最終決定はあくまでお客様ご自身の判断と責任において行ってください。情報の内容につきましては、弊社が正確性、確実性を保証するものではありません。 また、予告なしに内容を変更することがありますのでご注意ください。 商用目的で情報の内容を第三者へ提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。 情報の内容によって生じた如何なる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。