東京外国為替市場概況・15時 ドル円、売り一服

 21日午後の東京外国為替市場でドル円は売りが一服。15時時点では147.78円と12時時点(147.72円)と比べて6銭程度のドル高水準だった。東京時間の午後もドル売りが先行。10月3日につけた直近安値の147.43円を下抜けて、9月14日以来の安値となる147.25円まで下押しした。もっとも、その後は急ピッチで値を下げてきた反動から買い戻しが入り、147.80円台まで下値を切り上げた。

 ユーロドルは上値が重い。15時時点では1.0956ドルと12時時点(1.0960ドル)と比べて0.0004ドル程度のユーロ安水準だった。ドル売りの流れに沿って一時1.0965ドルまで上値を伸ばしたが、その後は対円などでドル売りが一服した影響もあり、高値圏ながらやや頭が重くなった。

 ユーロ円は15時時点では161.90円と12時時点(161.90円)とほぼ同水準だった。13時30分過ぎに161.46円まで下押ししたものの、その後はドル円と同様に下げ止まった。


本日こまでの参考レンジ
ドル円:147.25円 - 148.42円
ユーロドル:1.0939ドル - 1.0965ドル
ユーロ円:161.46円 - 162.43円
株式会社DZHフィナンシャルリサーチより提供している情報(以下「情報」といいます。)は、 情報提供を目的とするものであり、特定通貨の売買や、投資判断ならびに外国為替証拠金取引その他金融商品の投資勧誘を目的としたものではありません。 投資に関する最終決定はあくまでお客様ご自身の判断と責任において行ってください。情報の内容につきましては、弊社が正確性、確実性を保証するものではありません。 また、予告なしに内容を変更することがありますのでご注意ください。 商用目的で情報の内容を第三者へ提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。 情報の内容によって生じた如何なる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。